ショートカット入力用キーパッドと言えば Logicool G13 などが有名ですが、僕はあえて外付けテンキーを購入してみました。安価・ワイヤレス・コンパクトといったメリットがあります。

LOGICOOL ワイヤレスナンバーパッド テンキー Unifying対応 N305LOGICOOL ワイヤレスナンバーパッド テンキー Unifying対応 N305
販売元:ロジクール
(2010-01-29)
販売元:Amazon.co.jp


アフィリエイトではないですw これとフリーソフトの AutoHotKey を組み合わせれば、アプリケーション毎にテンキーの機能をカスタマイズする事ができるんですねー。
AutoHotKeyに読ませる設定ファイルはこんな風に書きます。

09c7007a.png

IllustStudioとTweenに別々の機能を割り当てているのがお分かりになるでしょうか。例えばTweenの「NumpadMult::^s」というのは、テンキーの*を押すとCtrl+sが入力されるという意味ですね。一方IllustStudioだと「NumpadMult::r」になっているのでrキーが入力されることになります。同じ*キーがアプリによって全く別のキーに変化する訳ですね。

残念ながら = ( ) の3キーと、本体上部にある3つの特殊キーはAutoHotKeyで扱う事ができません。つまりショートカットとして使用できるのは残りの計18キーですね。IllustStudioでは18キー全部使い切ってしまいました。

買ったばかりなので使用感はこれから確かめるところですが、大分作業が捗りそうな予感がします!